夕学五十講

講師紹介

土井 香苗
どい かなえ
講演日 2011/04/26 (火)
ヒューマン・ライツ・ウォッチ 日本代表

講師略歴

1975年  神奈川県生まれ
1996年  東大在学中に司法試験に合格
       その後、大学4年生の時、NGOピースボートのボランティアとして、アフリカで
       一番新しい独立国・エリトリアに赴き、一年間、エリトリア法務省で法律作りの
       お手伝いのボランティアを経験する。
1998年  東京大学法学部卒業
2000年  司法研修所終了、弁護士
       普段の業務の傍ら、日本にいる難民の法的支援や難民認定法の改正の
       ロビーイングやキャンペーンにかかわる。
2006年  6月、米国ニューヨーク大学ロースクール修士課程終了(国際法)
2007年  米国ニューヨーク州弁護士

2006年から、国際NGO ヒューマン・ライツ・ウォッチのニューヨーク本部のフェロー。
2007年から日本駐在員。2008年9月から日本代表。2009年4月に東京オフィスを明治
大学駿河台キャンパス内に設立。

2010年4月よりNHK BS 「地球ドキュメントMISSION」、CS朝日ニュースター「ニュースの
深層
」のキャスターも務める。

講演内容

「世界のために私ができること」

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、国際的な人権NGOとして、知られざる人権侵害の実態
を調査、発表。メディア報道を生み出すことで、人権侵害を止める世論を作り出す。
そして、国際政治のなかで関心が払われない「忘れられた」人権危機を、事実の力と
世界の世論を駆使して国際リーダーたちが取り組む課題としていくNGO。援助大国・
経済大国でもある日本には大きな影響力があるが、今後この力をどう発揮する国とな
るか、日本の将来のビジョンとあり方も問われている。
講演では、日本外交がなにができるのかについて具体的に提案する。


■ 夕学スタッフからのおすすめ
この講演にご関心をお持ちの方へ 【思索を深める3講演】
 ・6/9(木)中村哲氏 「アフガンとの約束」
 ・6/22(水)辻野晃一郎氏 「異才・奇才を活かす組織
                   ~私がソニーとグーグルから学んだこと~」
 ・7/19(火)沖大幹氏 「世界の『水』に何が起きているのか」


推薦図書

収容所に生まれた僕は愛を知らない』申東赫著、ベストセラーズ、2008年
戦場から生きのびて ぼくは少年兵士だった』イシメール・ベア著、河出書房新社、2008年
貧者を喰らう国 中国格差社会からの警告』阿古智子著、新潮社、2009年


推薦サイト

Human Rights Watch