夕学五十講

講師紹介

ピーター・バラカン
Peter Barakan
講演日 2011/11/16 (水)
ブロードキャスター

講師略歴

1951年ロンドン生まれ
ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日

現在フリーのブロードキャスターとして活動
Barakan Morning」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)、
CBS60ミニッツ」(CS ニュースバード)、「ビギン・ジャパノロジー」(NHK BS1)、
などを担当

twitterのアカウントは@pbarakan

講演内容

「ロンドンそしてトーキョー、音楽漬けの60年」

1960年代、ロンドンで青春を過ごし、ロンドン大学東洋アフリカ研究所(SOAS)で日本語を
学んだ後、1974年に来日。以来、37年間、東京で暮らすフリーのブロードキャスターの立場
から、イギリス、日本の両国での体験を語りつつ、現在に至るまでの紆余曲折において心
の支えとなった音楽を紹介します。


■ この講演にご関心をお持ちの方へ ― 夕学スタッフからおすすめの3講演 ―
  ・10/7 (金) 工藤公康氏 「あきらめない男の生き方」
  ・11/9 (水) 千住博氏 「美とは何か」
  ・11/25 (金) 豊竹咲大夫氏 「古典芸能の心」


主要著書

ピーター・バラカン音楽日記』集英社インターナショナル、2011年
200CD+2 ピーター・バラカン選 ブラック・ミュージック アフリカから世界へ』学研、2009年
ピーター・バラカンのわが青春のサウンドトラック』ミュージック・マガジン、2009年
猿はマンキ、お金はマニ 日本人のための英語発音ルール』NHK出版、2009年
魂のゆくえ』アルテスパブリッシング、2008年
 ※『魂(ソウル)のゆくえ』新潮社(新潮文庫)、1989年の改訂版
ロックの英詞を読む』集英社インターナショナル、2003年
ぼくが愛するロック名盤240』講談社(講談社+α文庫)、1998年 など