講演日 2015/04/14 (火)

ヤマザキマリ
Mari Yamazaki

漫画家


講師略歴
1967年生まれ。東京都出身。
1984年に渡伊、フィレンツェの国立アカデミア美術学院入学。美術史・油絵を専攻。
1997年に漫画家としてデビュー。

比較文学を研究するイタリア人研究者との結婚を機に、シリア、ポルトガル、アメリカを経て
現在はイタリア在住。

2010年古代ローマを舞台にした漫画「テルマエ・ロマエ」で第2回漫画大賞受賞。第14回手
塚治虫文化賞短編賞受賞。実写化もされ、世界8か国語に翻訳される。
現在は、講談社『ハツキス』で「スティーブ・ジョブズ」。
『新潮45』で「プリニウス」を(とり・みきと共著)連載中。

講演内容
「辺境のない生き方」

私がイタリアへ美術を学びに行く為日本を離れてから、既に30年が経ちます。
欧州、中東、そして米国。これらの国々での暮らしを経て今実感しているのは、自分という
人間には帰属の場所がなく、その必要すら感じられないという事。どこでもアウェイでいる
感覚が、世界の多様な人類の生き方の客観的な理解に役立ってくれています。
自国流の既成概念に捕われず、それぞれの国のあり方、人々の考え方の相違の認識は、
これからの社会にとって、とても必要になって行くのではないかと思う機会が頻度を増して
きましたが、例えば古代ローマ帝国は、何故あれだけの異文化の地域を属州化することに
成功し、史上最大の国家を築くことができたのか、彼らの寛容性や辺境意識との向き合い
方についてお話できたらと思っております。

主要著書
作品
モーレツ!イタリア家族』講談社(ワイドKC kiss)、2006年
それではさっそくBuonappetito!』講談社(ワイドKC Kiss)、2008年
ルミとマヤとその周辺』(全3巻)、講談社(KCデラックス)、2008年~09年
テルマエ・ロマエ』(全6巻)、エンターブレイン(Beam comix)、2009年~13年
イタリア家族 風林火山』ぶんか社(ぶんか社コミックス)、2010年
涼子さんの言うことには』講談社(KCデラックス)、2010年
世界の果てでも漫画描き』創美社、2010年(『オフィスユー』休載中)
アラビア猫のゴルム』(全2巻)、講談社(ワイドKC)、2011年~12年
地球恋愛』講談社(KCデラックス)、2011年
PIL』集英社クリエイティブ(オフィスユーコミックス)、2011年
スイートホームシカゴ』(全3巻)、講談社(ワイドKC)、2012年~14年
『立っている者は母(リョウコ)でも使え』文藝春秋、2012年~(『CREA』連載中)
ジャコモ・フォスカリ』集英社クリエイティブ、2012年~(『オフィスユー』休載中)
スティーブ・ジョブズ』講談社、2013年~(『ハツキス』連載中)
プリニウス』(とり・みきとの共作)、新潮社、2014年~(『新潮45』連載中)

著書
望遠ニッポン見聞録』幻冬舎、2012年
ヤマザキマリのリスボン日記』フリースタイル、2012年
テルマエ戦記』エンターブレイン・KADOKAWA、2012年
男性論』文藝春秋(文春新書)、2013年
とらわれない生き方 悩める日本女性のための人生指南書』KADOKAWA、2014年
国境のない生き方』小学館(小学館新書)、2015年

推薦図書
地球家族』マテリアルワールド・プロジェクト(共著)、TOTO出版、1994年