講演日 2015/10/14 (水)

為末 大
ためすえ だい



講師略歴
1978年広島県生まれ。陸上トラック種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2014年10月現在)。
2001年エドモントン世界選手権および2005年ヘルシンキ世界選手権において、男子400メートルハードルで銅メダル。
シドニー、アテネ、北京と3度のオリンピックに出場。2003年、プロに転向。2012年、25年間の現役生活から引退。
現在は、一般社団法人アスリート・ソサエティ(2010年設立)、為末大学(2012年開講)、Xiborg(2014年設立)などを通じ、スポーツ、社会、教育、研究に関する活動を幅広く行っている。

講演内容
「禅とハードル」

禅とは何でしょうか。字としては単(シンプル)を示すと書きますが、かといってシンプルになれば全部禅かと言われるとそれだけではないような気もします。
25年間の競技人生では、もちろん勝つことが目的の一つではありましたが、一方でひたすらに行為に没頭するという心地良さがありました。一つのことに没頭できた時間はかけがえのないものだったと今感じています。
インターネットで全てがつながり、あらゆる選択肢と情報が広がる世の中で、むしろ絞り込むこと、没頭することの重要性を感じています。

主要著書
日本人の足を速くする』新潮社(新潮新書)、2007年
走りの極意』ベースボール・マガジン社、2007年
走る哲学』扶桑社(扶桑社新書)、2012年
走りながら考える 人生のハードルを越える64の方法』ダイヤモンド社、2012年
禅とハードル』(共著)、サンガ、2013年
負けを生かす技術』朝日新聞出版、2013年
「遊ぶ」が勝ち 『ホモ・ルーデンス』で、君も跳べ!』中央公論新社(中公新書ラクレ)、2013年
為末式かけっこメソッド 子どもの足を速くする!』扶桑社、2013年
5年後働く自分の姿が見えますか?』(共著)、角川書店(角川oneテーマ21)、2013年
諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない』プレジデント社、2013年
僕たちはこうして仕事を面白くする 新世代トップランナーの戦いかた』(共著)、NHK出版、2013年

推薦図書
http://tamesue.jp/book/ BOOK|為末大・侍オフィシャルサイト

推薦サイト
http://tamesue.jp 為末大・侍オフィシャルサイト