講演日 2017/05/25 (木)

川野 泰周
かわの たいしゅう

臨済宗建長寺派 林香寺住職
精神科医


講師略歴
1980年、横浜生まれ。
2004年慶應義塾大学医学部医学科卒業。臨床研修修了後、慶應義塾大学病院、国立病院機構久里浜医療センターなどで精神科医として診療に従事。
2011年より建長寺専門道場にて禅修行。
現在、横浜市にある臨済宗建長寺派・林香寺で住職を務める傍ら、RESM新横浜 睡眠・呼吸メディカルケアクリニックでは副院長として従事しているほか、池袋の神心会 こころケアクリニックでも精神科診療にあたっている。
薬物療法や従来のカウンセリングだけでなく、マインドフルネス瞑想や禅の要素を積極的に取り入れた診療を行っている。
精神保健指定医・精神科専門医・医師会認定産業医。
著書に『あるあるで学ぶ 余裕がないときの心の整え方』(2016年10月14日発行:インプレス)がある。

講演内容
「禅とマインドフルネス ~現代に求められる自己への気づき~」

 現代において日々、マルチタスクに追われるビジネスパーソンの方々が生きるストレス社会。「どうしてもイライラを抑えられない」「会社と家庭の板ばさみだ」「誰も自分の辛さを理解してくれない」、悩みを吐き出せる場所すら持てないでいる人も少なくありません。そんな時、心の有りようを見つめ直すことで心身に大きな変化が生まれることが最新の心理学、精神医学研究で分かってきていることをご存知ですか?禅僧として坐禅修行を実践するとともに、精神科医として禅を発祥とする最新の心理療法「マインドフルネス」を取り入れた治療を実践する演者が、その全貌をわかりやすく解説し、その上で皆さんにも実際に体験していただきたいと思います。

推薦サイト
http://book.impress.co.jp/aruaru-kokoro/
マインドフルネスに関する参考に『「あるある」で学ぶ 余裕がないときの心の整え方 』紹介サイト(インプレス社)