講演日 2017/07/19 (水)

守島 基博
もりしま もとひろ

学習院大学経済学部経営学科 教授


講師略歴
1980年 慶應義塾大学文学部社会学専攻卒業
1982年 慶應義塾大学大学院社会学研究科社会学専攻修士課程修了
1986年 米国イリノイ大学産業労使関係研究所博士課程修了
     組織行動論・労使関係論・人的資源管理論でPh.D.を取得
同年  カナダ サイモン・フレーザー大学経営学部(ビジネス・スクール)助教授(Assistant Professor)
1990年 慶應義塾大学総合政策学部助教授
1997年 労働政策研究・研修機構特別研究員(非常勤)
1999年 慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授
2001年 一橋大学大学院商学研究科教授
2017年4月より現職

講演内容
「人視点からの人材マネジメント~働く人を幸せにする企業が強くなる~」

わが国の企業は、人を大切にする経営を行ってきたと言われている。だが、従業員の多様性が高まり、ワークライフバランスが重視され、働き方改革が叫ばれる中、これまでの“人重視”には機能不全が起こっている。大きく人視点からの人材マネジメントへと舵を切るべき時なのだ。この講演では、新たな経営環境で人を重視する人材マネジメントとは何を意味するのか、またどうすれば、それが最終的には、経営に資することに繋がるのかを議論する。

主要著書
人事と法の対話』(共著)、有斐閣、2013年
人材の複雑方程式』日本経済新聞出版社(日経プレミアシリーズ)、2010年
CHO最高人事責任者が会社を変える』(共著)、東洋経済新報社、2004年
人材マネジメント入門』日本経済新聞出版社(日経文庫)、2004年
会社の元気は人事がつくる 企業変革を生み出すHRM』(共著)、日本経団連出版、2002年
21世紀の“戦略型”人事部』(共編著)、日本労働研究機構、2002年
 
"Seikashugi from an Employee Perspective.", Japan Labour Review, Vol.4(No. 2, Spring),2007,79-104.
「人的資源管理の変化と個別労働紛争の増加」『日本労働研究雑誌』2006年特別号(No. 548),2006年,20-32ページ
(立道信吾と共著)「働く人から見た成果主義」『日本労働研究雑誌』2006年9月号(No. 554),2006年,69-83ページ
(島貫智行と共著)「派遣労働者の人材マネジメントの課題」『日本労働研究雑誌』2004年5月号(No. 526),2004年