講演日 2017/04/12 (水)

安部 修仁
あべ しゅうじ

株式会社吉野家ホールディングス 会長


講師略歴
1949年福岡県出身。
高等学校卒業後にプロのミュージシャンを目指して上京、アルバイトとして吉野家でのキャリアをスタート。
1972年 (株)吉野家に入社。
1983年 取締役開発部長。
(1988年、(株)吉野家は(株)吉野家ディー・アンド・シーに社名変更)
1988年 常務取締役。代表取締役常務、代表取締役専務を経て
1992年 吉野家ディー・アンド・シー代表取締役社長に就任。
(2007年、吉野家ディー・アンド・シーは純粋持株会社(株)吉野家ホールディングスに移行、事業会社として(株)吉野家が発足)
2007年 吉野家ホールディングス代表取締役社長に就任。
2010年 吉野家代表取締役社長に復帰。
2012年 吉野家ホールディングス代表取締役会長に就任。
2014年5月、吉野家ホールディングスの代表取締役を退任。同年8月、吉野家代表取締役社長を退任。
吉野家ホールディングス会長にて現在に至る。

講演内容
「吉野家の歴史から学ぶ~変える勇気と守り抜く意思~」

私は42歳で社長に就任したときから「継承者」の役割認識で未来(次世代)への健全な継承を使命と考えてやってきました。それは、創業者の創り出したモノや成したコトへの畏敬の念を原点として、そうした諸々の普遍的価値を進化させながら未来に繋ぐことが吉野家のトップには必須の使命だと観念していたからです。とりわけその思想は人に帰結することで、教条主義でなく現場主義実践主義に根ざしています。
今回はそういう視点でこれまでをトレースしながら、様々な出来事にどう向き合いどう実行してきたかを語りたいと思います。

主要著書
吉野家 もっと挑戦しろ! もっと恥をかけ!』廣済堂出版、2016年
吉野家で経済入門』(共著)、日本経済新聞出版社、2016年
吉野家の牛丼280円革命』(共著)、徳間書店、2002年
吉野家の経済学』(共著)、日本経済新聞出版社(日経ビジネス人文庫)、2002年