講演日 2017/04/25 (火)

高橋 俊介
たかはし しゅんすけ

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任教授


講師略歴
1954年東京都生まれ。
1978年東京大学工学部航空工学科を卒業し日本国有鉄道に入社。
1984年米国プリンストン大学工学部修士課程を修了し、マッキンゼーアンドカンパニ-東京事務所に入社。

1989年に世界有数の人事組織コンサルティング会社である米国のワイアットカンパニーの日本法人ワイアット株式会社(現ウイリス・タワーズワトソン)に入社。
1993年に同社代表取締役社長に就任。

1997年7月社長を退任、個人事務所ピープル ファクター コンサルティングを通じて、コンサルティング活動や講演活動、人材育成支援などを行う。

2000年5月慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授に就任。
個人事務所による活動に加えて、藤沢キャンパスのキャリアリソースラボラトリーを拠点とした個人主導のキャリア開発や組織の人材育成についての研究に従事。
2011年11月から、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授。

講演内容
「働き方改革とワークライフ」

最近働き方改革の話が様々なところで議論されています。政府が進める働き方改革は、働き方に制約を加える方向が見えやすいですが、働き方改革の本質はそれだけではありません。職場の安全配慮義務の視点、働きやすさと一億総活躍の視点に加えて、ビジネスモデルの変化への対応という経営の視点、そして働く者の人生観仕事観の変化という視点もとても重要です。今回はこれらの視点で働き方改革を考えます。

主要著書
人材マネジメント革命』プレジデント社、1994年
自由と自己責任のマネジメント』ダイヤモンド社、1995年
知的資本のマネジメント』ダイヤモンド社、1998年
キャリアショック』東洋経済新報社、2000年(2006年・ソフトバンク文庫)
組織改革』東洋経済新報社、2001年
キャリア論』東洋経済新報社、2003年
組織マネジメントのプロフェッショナル』ダイヤモンド社、2004年
部下を動かす人事戦略』(共著)、PHP研究所(PHP新書)、2004年
スローキャリア』PHP研究所、2004年(2006年・PHP文庫)
ヒューマン・リソース・マネジメント(ビジネス基礎シリーズ)』ダイヤモンド社、2004年
人が育つ会社をつくる』日本経済新聞出版社、2006年
人材マネジメント論(新版)』東洋経済新報社、2006年
キャリアをつくる9つの習慣』プレジデント社(ピンポイント選書)、2008年
自分らしいキャリアのつくり方』PHP研究所(PHP新書)、2009年
プロフェッショナルの働き方』PHP研究所(PHPビジネス新書)、2012年
21世紀のキャリア論』東洋経済新報社、2012年
人が育つ会社をつくる(新版)―キャリア創造のマネジメント』日本経済新聞出版社、2012年
ホワイト企業―サービス業化する日本の人材育成戦略』PHP研究所(PHP新書)、2013年