講演日 2017/11/21 (火)

藤野 英人
ふじの ひでと

レオス・キャピタルワークス株式会社
代表取締役社長・最高投資責任者


講師略歴
1966年富山県生まれ。
1990年早稲田大学法学部卒業後、野村投資顧問(現:野村アセットマネジメント)入社。
以後、1996年よりジャーデン・フレミング投信・投資顧問(現:JPモルガン・フレミング・アセット・マネジメント)、2000年よりゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントにて、ファンドマネージャーを歴任。
2003年レオス・キャピタルワークスを創業。
 
株式投資信託「ひふみ投信」「ひふみプラス」を運用し、高いパフォーマンスで受賞歴多数(「R&Iファンド大賞」では投資信託/国内株式部門・2012~2015年で4年連続受賞、2017年はNISA部門最優秀賞、「トムソン・ロイター リッパー・ファンド・アワード・ジャパン2017」では2年連続となる「最優秀ファンド賞」を受賞)。
投資教育にも注力しており、JPXアカデミー・フェロー、明治大学商学部兼任講師も務める。
一般社団法人投資信託協会理事。
著書に『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)、『投資レジェンドが教える ヤバい会社』(日本経済新聞出版社)など多数。

講演内容
「投資の本質~人の可能性に投資する~」

「投資ってギャンブルでしょう」とネガティブに捉えている方も多いのですが、それは誤解です。投資とは正しい考え方・方法を使うことによって、自分の人生を豊かに、そして社会に活力を与えられる、とてもポジティブで素敵な行動です。この講演ではまず「投資の本質」をお伝えするとともに、私が投資家として30年近くたくさんの経営者と向き合ってきた経験から見つけた「伸びる会社の法則」や、「人の可能性に投資する」という私たちの考え方について、お話したいと思います。

主要著書
トップファンドマネジャーの明快投資戦略』ビジネス社、1999年
伸びる会社ダメな会社の法則』講談社(講談社プラスアルファ新書)、2000年
図解 とってもやさしい株入門』ナツメ社、2005年
運用のプロが教える草食系投資』(渋澤健、中野晴啓との共著)、日本経済新聞出版社、2010年
君の人生を変える100の小さな習慣』CCCメディアハウス、2012年
30歳からはじめる お金の育て方入門 ―貯めながら殖やす新しい習慣』(渋澤健、中野晴啓との共著)、同文館出版、2013年
投資家が「お金」よりも大切にしていること』星海社(星海社新書)、2013年
お金持ち入門』(共著者の一人として)、実業之日本社、2015年
日本株は、バブルではない』ダイヤモンド社、2015年
投資バカの思考法』SBクリエイティブ、2015年
投資レジェンドが教える ヤバい会社』日本経済新聞出版社、2017年

推薦図書
投資家がお金より大切にしていること』…私が投資家として20年以上かけて考えてきた「お金の本質とは何か」の結論を一冊に凝縮したものです。2013年発行ですが、ロングセラーになっています。
投資レジェンドが教える ヤバい会社』…最新著です。ファンドマネージャーとして成長企業を発掘してきた経験を元に、細部から「会社の本質」を見抜くヒントを68の法則にまとめました。

推薦サイト
http://www.rheos.jp/
レオス・キャピタルワークス株式会社 オフィシャルサイト
私たちの考え方をお伝えしているインタビューなどございますので、ご興味あればご覧ください。