講演日 2017/11/14 (火)

浅田 次郎
あさだ じろう

作家


講師略歴
1951年東京生まれ。
1995年『地下鉄(メトロ)に乗って』で第16回吉川英治文学新人賞、1997年『鉄道員(ぽっぽや)』で第117回直木賞、2000年『壬生義士伝』で第13回柴田錬三郎賞、2006年『お腹召しませ』で第10回司馬遼太郎賞、第1回中央公論文芸賞、2008年『中原の虹』で第42回吉川英治文学賞、2010年『終わらざる夏』で第64回毎日出版文化賞、2017年『帰郷』で第43回大佛次郎賞を受賞する。
2015年紫綬褒章受章。

写真©講談社 森 清

講演内容
「 読むこと 書くこと 生きること」

読み書きが変質している昨今ですが、本質的にどういう意味があるのか、また歴史的にどう捉えられてきたのかを、小説家の立場からお話します。

主要著書
プリズンホテル』(シリーズ4巻)徳間書店、1993年~1997年(2001年・集英社文庫4巻)
蒼穹の昴』(上・下巻)講談社、1996年(2004年・講談社文庫5巻)
天切り松 闇がたり』(シリーズ5巻)、徳間書店・集英社、1996年~2014年(2013年~2016年・集英社文庫5巻)
霞町物語』講談社、1998年(2000年・講談社文庫)
天国までの百マイル』朝日新聞出版、1998年(2000年・朝日文庫/2015年・講談社文庫)
沙髙楼綺譚』徳間書店、2002年(2011年・文春文庫)
椿山課長の七日間』朝日新聞出版、2002年(2005年・朝日文庫/2015年・集英社文庫)
五郎治殿御始末』中央公論新社、2003年(2009年・新潮文庫)
一刀斎夢録』(上下巻)、文藝春秋、2011年(2013年・文春文庫上下巻)
一路』(上下巻)、中央公論新社、2013年(2015年・中公文庫上下巻)
黒書院の六兵衛』(上下巻)、日本経済新聞出版社、2013年(2017年・文春文庫上下巻)
獅子吼』文藝春秋、2016年
 
近著は『天子蒙塵』(2巻)、講談社、2016年