講演日 2018/10/18 (木)

穂村 弘
ほむら ひろし

歌人


講師略歴
1962年北海道生まれ。
1985年より短歌の創作を始め、1990年に歌集『シンジケート』(沖積舎)でデビュー。
研ぎ澄まされた言語感覚で、創作・評論ともに活躍。

2003年 読売新聞の読書委員に就任(~2004年)。
2008年 『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、『楽しい一日』で第44回短歌研究賞を受賞。2008年 日本経済新聞の歌壇選者に就任。
2009年 朝日新聞の書評委員に就任(~2012年)。
2013年 絵本『あかにんじゃ』で第4回ようちえん絵本大賞特別賞受賞。
2017年 エッセイ集『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞受賞。

石井陽子とコラボレーションしたメディアアート作品『火よ、さわれるの』でアルス・エレクトロニカ・インタラクティブ部門栄誉賞を受賞。
2015年、NHK全国学校音楽コンクール(高等学校の部)課題曲『メイプルシロップ』の作詞を担当。
エッセイ、対談、評論、「ほむらひろし」名義による絵本翻訳も多数。

講演内容
「世界と<私>の関係を言葉にする」

・ほんとうはあなたは無呼吸症候群おしえないまま隣でねむる(鈴木美紀子)
・「奥さんは元気」とふっと聞く妻をお前さんだときつく抱きしむ(渡辺光男)
日記にも写真にもツイッターにも残せない「生の時間」、その怖さや美しさを短歌を通して考えてみたいと思います。

主要著書
(歌集)
シンジケート』沖積舎、1990年
ドライ ドライ アイス』沖積舎、1992年
手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』小学館、2001年(2014年・小学館文庫)
ラインマーカーズ―The Best of Homura Hiroshi』小学館、2003年
水中翼船炎上中』 講談社、2018年

(歌論・入門書)
短歌という爆弾―今すぐ歌人になりたいあなたのために』小学館、2000年(2013年・小学館文庫)
短歌の友人』河出書房新社、2007年(2011年・河出文庫)
人魚猛獣説―スターバックスと私』かまくら春秋社、2009年
短歌ください』メディアファクトリー、2011年(2014年・角川文庫)
短歌ください その二』メディアファクトリー、2014年
はじめての短歌』成美堂出版、2014年(2016年・河出文庫)
ぼくの短歌ノート』講談社、2015年(2018年・講談社文庫)
短歌ください 君の抜け殻篇』KADOKAWA、2016年

(エッセイ)
世界音痴』小学館、2002年(2009年・小学館文庫)
もうおうちへかえりましょう』小学館、2004年(2010年・小学館文庫)
現実入門 ほんとにみんなこんなことを?』光文社、2005年(2009年・光文社文庫)
本当はちがうんだ日記』集英社、2005年(2008年・集英社文庫)
にょっ記』文藝春秋、2006年(2009年・文春文庫)
もしもし、運命の人ですか。』メディアファクトリー、2007年(2010年・MF文庫ダ・ヴィンチ、2017年・角川文庫)
整形前夜』 講談社、2009年(2012年・講談社文庫)
にょにょっ記』文藝春秋、2009年(2012年・文春文庫)
ぼくの宝物絵本』白泉社、2010年(2017年・河出文庫)
絶叫委員会』筑摩書房、2010年(2013年・ちくま文庫)
君がいない夜のごはん』NHK出版、2011年
蚊がいる』メディアファクトリー、2013年(2017年・角川文庫)
にょにょにょっ記』文藝春秋、2015年(2018年・文春文庫)
鳥肌が』PHP研究所、2016年
野良猫を尊敬した日』講談社、2017年

(ショートストーリー集)
いじわるな天使から聞いた不思議な話』大和書房、1994年
いじわるな天使』アスペクト、2005年(2013年・アスペクト文庫)
車掌』ヒヨコ舎、2003年
課長』ヒヨコ舎、2006年

(歌画集・絵本)
ぞうのうんこ』エディションq、1997年(挿絵:東君平)
ブルーシンジケート』沖積舎、2003年(挿絵:井筒啓之)
君になりたい 恋の短歌』(めくってびっくり短歌絵本)岩崎書店、2007年(挿絵:後藤貴志)
サキサキ オノマトペの短歌』(めくってびっくり短歌絵本)岩崎書店、2006年(挿絵:高畠那生)
そこにいますか 日常の短歌』(めくってびっくり短歌絵本)岩崎書店、2006年(挿絵:西村敏雄)
ぺったんぺったん白鳥がくる 動物の短歌』(めくってびっくり短歌絵本)岩崎書店、2007年(挿絵:青山明弘)
納豆の大ドンブリ 家族の短歌』(めくってびっくり短歌絵本)岩崎書店、2007年(挿絵:寺門孝之)
あかにんじゃ』岩崎書店、2012年(絵:木内達朗)
えほん・どうぶつ図鑑』芸術新聞社、2013年(絵:横尾忠則)
X字架(じゅうじか)』芸術新聞社、2014年(絵:宇野亜喜良)
まばたき』岩崎書店、2014年(絵:酒井駒子)

(詩集)
求愛瞳孔反射』新潮社、2002年(2007年・河出文庫)

(書評集)
これから泳ぎにいきませんか』河出書房新社、2017年
きっとあの人は眠っているんだよ』河出書房新社、2017年

※そのほか、共著、対談、翻訳など多数あり。(Wikipedia から著作:https://kae.me/2nO4ADQ )