ログイン

夕学五十講

受講券購入・講演予約

会員の方

プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

初めてご利用になる方

講師紹介

このページを印刷

藤井 丈司

講演日 2023/02/01 (水)

藤井 丈司
フジイ タケシ

音楽プロデューサー
慶應義塾大学アートセンター フェロー

講師略歴

1957年、岐阜生まれ東京育ち。1980年代中頃より、シンセサイザー・プログラマーとしてYMOの制作でキャリアをスタートし、サザンオールスターズ「KAMAKURA」桑田佳祐「KEISUKE KUWATA」布袋寅泰「GUITARHYTHM」で共同プロデューサーとしてもクレジットされる。1990年代以降、玉置浩二「田園」ジュディアンドマリー「クラシック」広末涼子「Majiでkoiする5秒前」井上陽水「TEENAGER」ウルフルズ「明日があるさ」などにプロデューサーあるいはアレンジャーとして参加、記憶と記録のミリオンヒット多数。
2018年には慶應義塾大学で「現代芸術 都市型ポップス概論」の教鞭をとり、2019年秋から慶應義塾大学アートセンターのフェローに就任。また、2019年春に『YMOのONGAKU』を上梓した。小中高生から若者・中高年まで幅広く、音楽を作ってみたい人を応援するオンライン音楽塾「Poppo(ポッポ)」を開設。

◆講師歴
慶應義塾大学 「現代芸術 J-pop史」2018年、2021年、2022年

藤井丈司Official web site:https://www.takeshifujii.com
Twitter:@fujiitake
オンライン音楽塾「Poppo(ポッポ)」:https://takeshifujii-poppo.stores.jp

講演内容

【ハイブリッド受講】 シティポップの歴史と現在 ~音楽で読み解く日本文化~

シティポップは現在、多くのメディアから「世界で注目を浴びる日本のポップミュージック」として、もてはやされています。では、このシティポップとは、いつ誰がどのようにして日本の中で始め、どのように広まり、そして一般化していったのか。また日本の中で発展したこの音楽を、いま世界はどのように受け止めているのか。その受容の有り様から透けて見える、日本人の特徴とは何か。
今回の講演ではこのような事柄について、70年代から現在までの代表曲をみなさまと一緒に聞きながら、時代の変遷とともに移りゆくポップミュージックの姿をお話しできればと思っています。


見逃し配信スケジュール ※本講演を予約された方のみ
2023年2月10日(金)0:00 ~ 2月12日(日)23:59
視聴方法は受講券を購入された方のご登録メールアドレス宛に、見逃し配信開始日の2営業日前にメールでご案内します。

主要著書

渋谷音楽図鑑』(共著)、太田出版、2017年
YMOのONGAKU』アルテスパブリッシング、2019年

このページを印刷