ログイン

夕学五十講

受講券購入・講演予約

会員の方

プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

初めてご利用になる方

講師紹介

このページを印刷

今村 翔吾

講演日 2023/01/26 (木)

今村 翔吾
イマムラ ショウゴ

歴史小説・時代小説家

講師略歴

1984年京都府生まれ。滋賀県在住。ダンスインストラクター、作曲家、守山市埋蔵文化財調査員を経て作家デビュー。「童神」で第10回角川春樹小説賞を受賞。(「童神」は『童の神』と改題/角川春樹事務所)。第160回直木賞候補(2018年下半期)にもなった。2020年『八本目の槍』(新潮社)で第41回吉川英治文学新人賞、第8回野村胡堂文学賞受賞。『じんかん』(講談社)で第163回直木賞候補、第11回山田風太郎賞 受賞。2021年 『羽州ぼろ鳶組シリーズ』(祥伝社)で第6回吉川英治文庫賞受賞。2022年『塞王の楯』(集英社)で第166回直木三十五賞受賞。
また、講演・テレビなどに出演するほか、2021年11月には大阪府箕面市にある書店を事業承継し『きのしたブックセンター』の書店経営を行う。
TBS報道番組(JNN系列)『Nスタ』レギュラーコメンテーター出演中。

今村翔吾公式サイト:https://www.zusyu.co.jp
Twitter:@zusyu_kki

写真:©佐賀章広

講演内容

【オンライン受講】 小説家に至る道

私は中学生の頃から小説家になるのが夢でした。しかし、実際に執筆を始めたのは30歳になった時でした。そして32歳の時に小説家としてデビューします。何故、夢でありながら、それまで書くことが無かったか。何故、ふいに書き出したのか。そして、2年という比較的短い間にデビューに至ったか。その経験と、夢への向かい方を語れればと思っています。

※本講演は、講演60分・質疑応答30分の構成です。(20:00終了)

◎本講演は見逃し配信の実施はありません。
講演当日のオンライン配信(ライブ視聴)のみとなります。ご了承の上、予約くださいますようお願いいたします。

主要著書

<シリーズ小説>
火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』祥伝社(祥伝社文庫)、2017年
夜哭烏 羽州ぼろ鳶組』祥伝社(祥伝社文庫)、2017年
九紋龍 羽州ぼろ鳶組』祥伝社(祥伝社文庫)、2017年
鬼煙管 羽州ぼろ鳶組』祥伝社(祥伝社文庫)、2018年
菩薩花 羽州ぼろ鳶組』祥伝社(祥伝社文庫)、2018年
夢胡蝶 羽州ぼろ鳶組』祥伝社(祥伝社文庫)、2018年
狐花火 羽州ぼろ鳶組』祥伝社(祥伝社文庫)、2018年
玉麒麟 羽州ぼろ鳶組』祥伝社(祥伝社文庫)、2019年
双風神 羽州ぼろ鳶組』祥伝社(祥伝社文庫)、2019年
黄金雛 羽州ぼろ鳶組 零』祥伝社(祥伝社文庫)、2019年
襲大鳳(上) 羽州ぼろ鳶組』祥伝社(祥伝社文庫)、2020年
襲大鳳(下) 羽州ぼろ鳶組』祥伝社(祥伝社文庫)、2020年
恋大蛇 羽州ぼろ鳶組 幕間』祥伝社(祥伝社文庫)、2022年

くらまし屋稼業』角川春樹事務所(時代小説文庫)、2018年
春はまだか くらまし屋稼業』角川春樹事務所(時代小説文庫)、2018年
夏の戻り船 くらまし屋稼業』角川春樹事務所(時代小説文庫)、2018年
秋暮の五人 くらまし屋稼業』角川春樹事務所(時代小説文庫)、2019年
冬晴れの花嫁 くらまし屋稼業』角川春樹事務所(時代小説文庫)、2019年
花唄の頃へ くらまし屋稼業』角川春樹事務所(時代小説文庫)、2020年
立つ鳥の舞 くらまし屋稼業』角川春樹事務所(時代小説文庫)、2021年
風待ちの四傑 くらまし屋稼業』角川春樹事務所 (時代小説文庫)、2022年9月刊行予定

<小説>
ひゃっか! 全国高校生花いけバトル』文響社、2018年
てらこや青義堂 師匠、走る』小学館、2019年(文庫・2022年)
戦国の教科書』(共著)‎、講談社、2019年
童の神』角川春樹事務所、2018年(2022年・時代小説文庫)
八本目の槍』新潮社、2019年(2022年・新潮文庫 ) ※第41回吉川英治文学新人賞受賞、第8回野村胡堂文学賞受賞
じんかん』講談社、2020年 ※第11回山田風太郎賞受賞
塞王の楯』集英社、2021年 ※第166回直木三十五賞受賞
イクサガミ 天』講談社(講談社文庫)、2022年
幸村を討て』中央公論新社、2022年
蹴れ、彦五郎』 祥伝社、2022年

このページを印刷