講演日 2011/06/15 (水)

干場 弓子
ほしば ゆみこ

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン 取締役社長


講師略歴

愛知県立旭丘高校、お茶の水女子大学教育学部出身
1977年、世界文化社入社
「家庭画報」編集部等を経て1985年、株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン設立

以来、取締役社長として、経営全般に携わり、書店との直取引で日本1の出版社に育て
上げた。
2011年には『超訳 ニーチェの言葉』が同社初の100万部を突破。
編集部全般も統括し、CDサイズのシリーズ、ミリオネーゼシリーズ、強育シリーズ、携書
シリーズ、Dis+coverサイエンスシリーズなどを立ち上げてきた。
自らも編集者として、勝間和代さんの各書籍、小宮一慶さんのビジネスマンシリーズ、流
行語大賞にノミネートされた『「婚活」時代』を手がけるなど、常に新しい視点でヒットを創り
だしている。

最近では、『電子書籍の衝撃』を企画・編集し、いち早く自社でダウンロードサイトをオープ
ンするなど、電子書籍への先進的な取り組みでも注目を集めている。


講演内容
「ヒットに方程式はあるか?」

ヒット商品は、クリエイト×マーケティングによって生まれます。マーケティングについては
いくつかの定石がありますが、クリエイトについては、50年前の「アイデアのつくりかた」
の時から変わっていません。それは、ベストセラーについても同様です。確実な方程式
はありません。私たちにできるのは、ただ、ヒットの確率を上げていくことだけです。
では、その確率を上げる方法とは?
私に話せるのは、出版のことだけですが、異業種の皆さんにもヒットが見つかれば幸い
です。


■ 夕学スタッフからのおすすめ
この講演にご関心をお持ちの方へ 【思索を深める3講演】
 ・5/12(木)佐々木俊尚氏 「電子書籍とタブレットがもたらすもの」
 ・5/17(火)魚谷雅彦氏 「こころを動かすマーケティング」
 ・5/26(木)阿部秀司氏 「売れる映画を作る」

推薦図書
アイデアのつくりかた』ジェームズ・W・ヤング著、阪急コミュニケーションズ、1988年
嶋浩一郎のアイデアのつくり方』嶋浩一郎著、ディスカヴァー・トゥエンティワン
 (ディスカヴァー携書)、2007年
ビジネスマンのための「発見力」養成講座』小宮一慶著、ディスカヴァー・トゥエンティワン
 (ディスカヴァー携書)、2007年
ブルー・オーシャン戦略』W・チャン・キム+レネ・モボルニュ(共著)、ランダムハウス講談社、
 2005年
大ヒットの方程式 ソーシャルメディアの口コミ効果を数式化する』吉田就彦+石井晃(共著)、
 ディスカヴァー・トゥエンティワン、2010年