講演日 2011/07/01 (金)

田口 佳史
たぐち よしふみ

東洋思想研究家、株式会社イメージプラン 代表取締役社長


講師略歴
老荘思想家
一般社団法人「日本家庭教育協会」理事長
一般社団法人「東洋と西洋の知の融合研究所」理事長
「杉並師範館」理事長
株式会社イメージプラン代表取締役社長

1942年東京生まれ。
新進の記録映画監督として活躍中、25歳の時タイ国バンコク市郊外で重傷を負う。
生死の境で「老子」と出会う。
その後奇跡的に生還、以降中国古典思想研究四十数年。東洋倫理学、東洋リーダーシップ
論の第一人者。

企業、官公庁、地方自治体、教育機関など全国各地で講演講義を続け、1万名を越える社会
人教育の実績がある。
更に、1998年に老荘思想的経営論「タオ・マネジメント」を発表、米国でも英語版が発刊され、
東洋思想と西洋先端技法との融合による新しい経営思想として注目される。

講演内容
「見えないものを見る~東洋思想から読み解く日本文化と日本人~」

日本文化の素晴しさは良くいわれることですが、我々日本人自身がその素晴しさが何処
から来るのか、その源泉について余り良く知りません。グローバルの時代を考えるとこれ
は決して良いことではありません。そこで今回、最も影響を与えたと思われる「儒・仏・道・
禅」の東洋思想から探求してみようというわけです。日本文化の新しい魅力に触れ、日本
人としての新しい主張も生まれることでしょう。


■ 夕学スタッフからのおすすめ
この講演にご関心をお持ちの方へ 【思索を深める3講演】
 ・7/12(火)アレックス・カー氏 「犬と鬼~景観の課題~」
 ・7/22(金)鷲田清一氏 「知的な体力について」
 ・7/26(火)玄侑宗久氏 「荘子に学ぶ~のびやかな生き方~」

主要著書
論語の名言』大和書房(だいわ文庫)、2011年
老子の無言』光文社、2011年
論語の一言』光文社、2010年
東洋からの経営発想』悠雲舎/金融ブックス、2009年
清く美しい流れ』PHP研究所、2007年
『TAO MANAGEMENT』EastBridge, Boston, 2006年
会社を変える』日新報道、1999年
タオ・マネジメント』産調出版、1998年
『不変と先端・経営の道理』産調出版、1996年
大転換期・経営の本質』致知出版社、1995年
人生尊重なき企業は滅びる』ティビーエス・ブリタニカ、1992年
『企業の「生存領域」をどう見つけるか』マネジメント社、1992年
『ビジネス戦士のための幸福論』竹井出版 (現 致知出版社)、1989年 等

推薦図書
論語の一言』田口佳史著、光文社、2010年
老子の無言』田口佳史著、光文社、2011年