夕学五十講

講師紹介

長谷川 英祐
はせがわ えいすけ
講演日 2011/12/09 (金)
北海道大学大学院農学研究院 准教授

講師略歴

1961年東京都品川区生まれ。
子どもの頃から生き物が好きで、昆虫学者を夢見ていた。
その後、F1マシンのデザイナーを物理の不出来であきらめバイオロジストの道へ。
大学時代から社会性昆虫を研究し、卒業後は民間会社に5年間勤務。
その後、東京都立大学大学院で生態学を学ぶ。
現在、北海道大学大学院農学研究院生物生態・体系学分野准教授。

社会性の進化や集団を作る動物の行動などをはじめ、さまざまな進化生物学の問題を研究。
特に、働かないハタラキアリの研究は大きく注目を集めている。
自宅でカメや熱帯魚など数多くの生き物を飼育している、生粋のバイオロジスト。

講演内容

「組織の効率と存続~アリとヒトの同じところ違うところ~」

アリのコロニーには、ほとんど他者のために貢献しない「働かないアリ」がいる。近年の研究で、
このような個体には、他のアリが疲れて働けなくなったときに代わりに働くことで、コロニーの
絶滅を回避する機能があることがわかってきた。つまり、全員が働かない非効率なシステムが
組織の長期存続を保証している。本講演では、社会性昆虫のコロニー駆動システムを紹介する
とともに、組織の効率と存続について、アリとヒトの違いを考慮して議論したい。


■ この講演にご関心をお持ちの方へ ― 夕学スタッフからおすすめの3講演 ―
  ・11/15 (火) 村山斉氏 「宇宙に終わりはあるのか」
  ・11/21 (月) 村上陽一郎氏 「安全とリスクを考える」
  ・1/20 (金) 川田順造氏 「人類学から日本を問い直す」


主要著書

働かないアリに意義がある』メディアファクトリー(メディアファクトリー新書)、2010年