夕学五十講

講師紹介

平松 博利
ひらまつ ひろとし
講演日 2013/12/10 (火)
株式会社ひらまつ 代表取締役社長

講師略歴

1952年6月横浜生まれ。通称平松宏之(ひろゆき)。
高校時代にフランス文化、思想に感銘を受け、その一翼を担う料理の道を選択する。
1970年高校卒業後東京YMCA国際ホテル専門学校入学。同時にホテルオークラ入社。

1978年渡仏。Chez DELPHAN(ナント)、La Claire Fontaine(パリ)などで修業。
1982年帰国。東京、西麻布に「ひらまつ亭」開業。

日本におけるフランス料理文化の普及を目標とし、1994年株式会社ひらまつ設立。
日常生活のカフェから高級フランス料理店を頂点とする安定したフランス料理界のピラミッド
構築を目指す。
カフェやブラッスリーの展開、また東京だけでなく地方にもフランス料理文化を広めるため
出店(福岡、札幌、名古屋、金沢、大阪)。

長年の自分の夢であると共に、フランス料理を志す後進達に修業の場を提供したいという
願いから2001年10月パリに出店。
2002年2月日本人オーナーシェフとして初めて「ミシュラン」の1つ星を獲得。
フランスに基盤を持ったことにより多くのフランス人シェフとの出会いが広がり、
ポール・ボキューズ氏、マーク・エーベルラン氏、プルセル兄弟との業務提携が実現。
日本とフランスの架け橋として役割を果たす。

(株)ひらまつとしては、社としての社会的信頼を確固たるものとし、食文化構築構想と料理人、
サービス人の社会的認知を高めるため、2003年3月ジャスダック市場、2004年4月東京証券
取引所市場第2部、2010年9月東京証券取引所市場第1部に上場。
レストランブランディングカンパニーとして、2013年6月現在29軒のレストラン、カフェを展開。

講演内容

「本物志向のブランド戦略」

(株)ひらまつは高級レストラン群を有する世界で唯一のレストラン企業です。
料理人も経営者も自己表現であるととらえ、世の中の常識、既成概念にとらわれることなく、
自分の目指す企業体を創り上げることに邁進してまいりました。
世界経済が混沌とし、先行きを見通すことが難しい今、少しでも私のメッセージが皆さまの
お力になれば幸いです。


■ この講演にご関心をお持ちの方へ ― 夕学スタッフからおすすめの3講演 ―
  ・10/8 (火) 楠木建氏 「経営センスの論理」
  ・10/15 (火) 細谷功氏 「『組織の老化』のメカニズムと対処法」
  ・11/26 (火) 宮崎辰氏 「世界一のおもてなし」


主要著書

ひらまつからの招待状』文春ネスコ、2003年


推薦図書

論語と算盤』渋沢栄一著、守屋淳訳、筑摩書房(ちくま新書)、2010年