講演日 2010/10/06 (水)

楠木 建
くすのき けん

一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授


講師略歴

1964年   東京都生まれ
1992年   一橋大学大学院商学研究科博士課程修了
        一橋大学商学部専任講師
1996年   同大学同学部およびイノベーション研究センター助教授を経て
2000年   一橋大学大学院国際企業戦略研究科助教授
2007年   一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授
2010年   一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授

この間ボッコーニ大学ビジネススクール(イタリア、ミラノ)、マギル大学ビジネススクール(カナダ、
モントリオール)、ミシガン大学ビジネススクール(アメリカ、アナーバー)で客員として講義をする。
専攻は競争戦略とイノベーション。
イノベーションや競争戦略の視点から企業が競争優位を構築する論理について研究している。


講演内容
「ストーリーとしての競争戦略~優れた戦略の条件~」

戦略を構成するさまざまな打ち手がかみ合って、全体として長期利益に向かって動いていく姿が
動画のようにみえてくる。これが優れた戦略の条件である。優れた戦略とは「思わず人に話したく
なるような面白いストーリー」だという視点から、競争戦略と競争優位の背後にある論理を考える。


■夕学スタッフからのおすすめ
この講演にご関心をお持ちの方へ 【思考を深める3講演】
 ・10/21(木)大久保 恒夫 「小売業経営のプロに聞く」
 ・11/11(木)リシャール・コラス 「グローバルワールドにおける日本~鎖国か開国か?~」
 ・12/2(木)清水 勝彦 「原点回帰の経営戦略」

主要著書

ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』東洋経済新報社、2010年
『Dynamics of Knowledge, Corporate System and Innovation』 (共著)、Springer、2010年
『Management of Technology and Innovation in Japan』 (共著)、Springer、2006年
『Hitotsubashi on Knowledge Management』(共著)、Wiley 、2004年
知識とイノベーション』(共著)、東洋経済新報社、2001年
『ビジネス・アーキテクチャー』(共著)、有斐閣、2001年
『Managing Industrial Knowledge』(共著)、Sage 、2001年
『Japanese Management in the Low Growth Era: Between External Shocks and Internal
 Evolution』(共著)、Spinger 、1999年
『Technology and Innovation in Japan: Policy and Management for the Twenty-First Century』
 (共著)、Routledge、1998年
『Innovation in Japan』(共著)、Oxford University Press、1997年

論文
「イノベーションの『見え過ぎ化』」(2010年)『一橋ビジネスレビュー』
「カテゴリー・イノベーション:脱コモディティ化の論理」(2006年)『組織科学』
「次元の見えない差別化」(2006年) 『一橋ビジネスレビュー』
「価値分化:製品コンセプトのイノベーションを組織化する」(2001年)『組織科学』
”Interfunctional Transfers of Engineers in Japan.” (1998年)
 『IEEE Transactions on Engineering Management』
”Organizational Capabilities of Product Development in Japanese Firms.” (1998年)
 『Organization Science』
”Incapability of Technological Capability.” (1997年)
  『Journal of Product Innovation Management』


推薦図書

ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』楠木建著、東洋経済新報社、2010年