夕学五十講

講師紹介

武田 隆
たけだ たかし
講演日 2012/05/11 (金)
株式会社エイベック研究所 代表取締役

講師略歴

1974年1月生まれ。海浜幕張出身。
日本大学芸術学部にてメディア美学者 武邑光裕氏に師事。
「日本の伝統芸術とマルチメディアの融合」を学ぶ。

1996年、学生ベンチャーとして起業。
企業のウェブサイト構築のコンサルテーションを足掛かりに事業を拡大し、多数の受賞を得
るも、企業と顧客の距離が縮まらないインターネットサービスの限界に悩む。
クライアント企業各社との数年に及ぶ共同実験を経て、ソーシャルメディアをマーケティング
に活用する「企業コミュニティ」の理論と手法を独自開発。
その理論の中核には「心あたたまる関係と経済効果の融合」がある。
システムの完成に合わせ、2000年同研究所を株式会社化。

その後、自らの足で2000社の企業を回る。
花王、カゴメ、ベネッセなど業界トップの会社から評価を得て、累計300社のマーケティングを
支援。ソーシャルメディア構築市場におけるトップシェア※を誇る。

※2010年企業運営型BtoCコミュニティサイト構築におけるパッケージ・ASPメーカー出荷金額
ベース/(株)矢野経済研究所調べ 2011年8月現在

講演内容

「つながることが価値になる~インターネットが実現する心あたたまる関係と収益化~」

上場申請や10億人目前となったユーザ数など、話題の尽きないFacebook。日本の利用者数も
1000万人を突破し、マーケティングを目的とした企業の新規参入が目立つ。しかし、この期待値
の高さには警鐘を鳴らさざるを得ない。Facebookに限らず日々拡張を続けるソーシャルメディア
の中で、私たちは人類史上、最もお互いにつながり合う時代を生きている。しかし、ただ闇雲に
つながるだけでは価値にならない。企業が顧客との心あたたまる関係を築き、それを収益化す
るためにはどうすればよいのか。16年300社のマーケティング支援の実績から、事例を交えなが
らお話しします。


■ この講演にご関心をお持ちの方へ ― 夕学スタッフからおすすめの3講演 ―
  ・4/17(火) 内田樹氏 「混沌に立ち向かうということ」
  ・4/26(木) 西村佳哲氏 「かかわり方のまなび方」
  ・6/14(木
) 金井壽宏氏 「個人が変わる、集団が変わる、組織が変わる
                   ~アクション・リサーチ、組織開発、組織エスノグラフィー~」


主要著書

ソーシャルメディア進化論』ダイヤモンド社、2011年


推薦図書

公共性―思考のフロンティア』斎藤純一著、岩波書店、2000年
思想としてのパソコン』西垣通著、NTT出版、1997年
オランダモデル―制度疲労なき成熟社会』長坂寿久著、日本経済新聞社、2000年