夕学五十講

講師紹介

竹中 平蔵
たけなか へいぞう
講演日 2010/12/03 (金)
慶應義塾大学 総合政策学部教授・グローバルセキュリティ研究所所長

講師略歴

1951年   生まれ
1973年   一橋大学経済学部卒業後、日本開発銀行入行
        同設備投資研究所、ハーバード大学、ペンシルバニア大学客員研究員、大蔵省
        財政金融研究室主任研究官、大阪大学経済学部助教授を経て
1990年   慶應義塾大学総合政策学部助教授
1996年   同教授
2001年   経済財政政策担当大臣
2002年   金融担当大臣を兼任
2004年   参議院議員当選。同年経済財政政策・郵政民営化担当大臣
2005年   総務大臣・郵政民営化担当大臣
2006年   現職
 
経済学博士


講演内容

「問題解決スキルとしての経済古典」

「経済古典」は、生まれた当時古典では無かった。アダムスミスもケインズもシュンペーター
も「今」の問題を解決しようとして書物を出版した。この講演では、問題解決のスキルとしての
経済古典の読み方を今日の問題と結びつけながら考える。


■夕学スタッフからのおすすめ
この講演にご関心をお持ちの方へ 【思考を深める3講演】
 ・11/11(木)リシャール・コラス 「グローバルワールドにおける日本~鎖国か開国か?~」
 ・11/24(水)佐藤 優 「民主党の外交はなぜ国益を体現できていないのか」
 ・12/2(木)清水 勝彦 「原点回帰の経営戦略」


主要著書

研究開発と設備投資の経済学』東洋経済新報社、1984年 ※サントリー学芸賞受賞
対外不均衡のマクロ分析』(共著)、東洋経済新報社、1987年 ※エコノミスト賞受賞
経済ってそういうことだったのか会議』(共著)、日本経済新聞出版社、2000年(2002年・
 日経ビジネス人文庫)
竹中式マトリクス勉強法幻冬舎、2008年
構造改革の真実日本経済新聞出版社、2006年
「改革」はどこへ行った?-民主党政権にチャンスはあるか-東洋経済新報社、2009年
経済古典は役に立つ』光文社(光文社新書)、2010年